電気グルーヴ DENKI GROOVE TROPICAL LOVE ツアーグッズと過去のTシャツ紹介

電気のグッズ紹介

 

前回、

【Zepp 名古屋】アクセス最強なホテルはコレだ!電気グルーヴのTROPICAL LOVE TOURに行ってきました。

を投稿しましたが、

その際に電気グルーヴのグッズもいくつかゲットしましたので、

過去のものも含めて紹介します。

 

①TROPICAL LOVE TOUR Tシャツ

 

 

こちらはホワイトのボディに

漫画風のデザインが目を引きます。

もっと普通なものもあったんですけど

あえてインパクト大なものを選びました。

 

 

クレイジーですね。

フェスで着ていたら目立ちそうです笑。

 

②漫☆画太郎 Tシャツ

 

 

こちらは2011-2012年のCOUNTDOWN JAPANと

2012年のStar Fes.というフェス(今はもう開催してないです)で売っていたアイテム。

 

漫☆画太郎先生のイラストがインパクト抜群です。

電気グルーヴと漫☆画太郎は仲がいいらしく、

ときどきコラボをしているようです。

 




 

こちらの2作は原作 ピエール滝・作画 漫画太郎という

全く想像のつかない漫画です。

ぜひとも読んでみたいですね。

 

➂VOXX君キーホルダー

 

最後はコチラ。

 

 

電気のアルバム「VOXX」のジャケットに描かれている

VOXX君をモチーフにしたキーチェーンです。

裏にもデザインがあるのがいいですよね。

 



 

名盤と名高い音源もぜひ。

 

スポンサーリンク

【Zepp 名古屋】アクセス最強なホテルはコレだ!電気グルーヴのTROPICAL LOVE TOURに行ってきました

Zepp名古屋までのアクセス(中身も!?)最強ホテル3選

 

名古屋で用事があったので

たまたまやっていた電気グルーヴのライブに

当日券を買って観に行ってきました。

 

名古屋駅から20分弱歩いて行ったんですけど、その際に

「ココに泊まってたら、行くの楽だろうなあ」

と思ったホテルをいくつか通り過ぎたので

まとめてみました。

しかも中身もクオリティ高そうです。

 

銘打って、

「Zepp Nagoyaまでのアクセス(中身も!?)最強ホテル3選」!

 

それでは早速参ります。

宿泊料金が高い順でいきます。

 

 

ストリングスホテル 名古屋

 

 

 

 

 

2016年1月にオープンした

まさにZepp名古屋の真ん前に立地するこのホテル。

ドアtoドアで1分かからないんじゃないでしょうか。

まさに立地の面では最強を誇ります。

プレミアム感もあるホテルですので、

宿泊代は安い時で1万ちょいかかります(1名利用)。

もちろん人数が多いほど部屋料金が安くなりますから

いつもと違ったラグジュアリーなホテルに泊まりたい

カップルやグループにおすすめかな、と。

もちろん一人で楽しむのもありですが。

 

ダイワロイネットホテル名古屋駅前

 

 

 

 

ストリングスに次いで近く、

価格も抑えめなのがこのダイワロイネットホテル名古屋駅前。

宿泊代は安い時で1名8,000円ほどです。

Zeppからは歩いて10分未満で行けます。

ビジネス利用で使われることが多いホテルかもしれませんが

部屋もキレイで広いので、

レジャー目的で利用するのも全く問題ないかな、と。

1人での利用ももちろん安心。

 

ドーミーインEXPRESS名古屋

 

 

 

 

 

Zeppからは歩いて10分ちょいかかりますが、

価格は一番安いのがドーミーインEXPRESS名古屋。

ここの一番のウリは大浴場がついていることです。

ただしその大浴場が一つしかないので、

時間で区切って男女入替制になってます。

そして平日は男性のみしか入れません。

できるだけ宿泊代は安くしたい

男性ひとりでの利用や、男性グループに向いています。

 

いかがだったでしょうか。

「Zepp名古屋に泊りがけで行きたいけど、

どこに泊まったらいいかわからない!」

といった人たちのちょっとでも参考になれば嬉しいです。

 

スポンサーリンク